女曲馬師(フープ・ラ)
ホーム > 作品情報 > 映画「女曲馬師(フープ・ラ)」
メニュー

女曲馬師(フープ・ラ)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

田舎廻りのサーカスの花形フープ・ラは、裸馬に乗った空中の離れ業を演じたり、道化者の身代わりとなったりしてその日を送っていた。フープ・ラの唯一の保護者たり遊び相手は一座の道化者トードルス老人であった。ある日フープ・ラは貧しき騎手のジョー・マッギーに代わって競馬に出場し大勝利を得た。これを見物し大富豪の子息トニーは彼女に恋をする。その後フープ・ラは自分が金持ちのカーター家の後嗣であることを知り、煩わしい交際社会へ入るのが厭さに名儀だけマッギーの妻となって自由な生活を楽しんでいた。泥酔したマッギーは火を失してサーカスの天幕を焼き、その身も梁に打たれて死んだ。フープ・ラはやがてトニーの誠を知ってその申し出に同意し、父の遺した家に移って新生涯に入ることになった。

スタッフ

製作
National Film Corp.

キャスト

作品データ

原題 Hoop-La
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi