飛鳥の如く
ホーム > 作品情報 > 映画「飛鳥の如く」
メニュー

飛鳥の如く

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィリアム・マクレオド・レイン氏作の小説をマキシーン・アルトン女史とアディール・ダフィントン女史とが映画劇用に書き改めたものをチャールズ・ダーントン氏が脚色し「殴り廻る男」「虎穴の壮漢」等と同じくロイ・ウィリアム・ニール氏が監督した西部活劇で、主役は前記二映画及び「傍若無人(1925)」主演のバック・ジョーンズ氏が演じ相手役は「傍若無人(1925)」と同じくフローレンス・グルバート嬢が勤め、マリオン・ハアラン嬢、ジェーイ・ハント氏、ウィリアム・E・ローレンス氏、フランク・ビール氏及びハリー・ウッド氏が助演している。

ストーリー

シカゴで富裕な都会人になりすましていたクレイグ・ノートンは親友ジョン・ルウビドオが窮境に陥っていると聞いて故郷アリゾナに向かった。ジョンはロバーツ牧場の牛を盗んだものとして告訴されたが彼には覚えのない濡れ衣で弁護士ジム・クラントンは冤罪を逃れるべく懸命になっていた。ロバーツの娘バーティーをジムは恋していたが折しも銃声に怖えた彼女の馬は貨物車上の愛馬を撫していたが女の危難を眺めるとたちまち馬を躍らして危うく轢殺されんとする彼女を救った。ロバーツ方とルウビドオ方との確執はやまずクレイグは後者に組したためジムと共に優勢なロバーツ方に追われ山中の小屋に隠れた。ジムは銃創を受けていた。バーティーは父親が尚も彼らの隠れ家を襲わんとするのを知り先回りをして警告した。ロバーツの牧童頭テイラーは小屋を包囲して火を放った。クレイグは火焔を消し止める共とバーティーを救った。ロバーツは娘を危地に陥れた由でテイラーを解雇した。ジムは恋人の心が自分を放れ勇敢なクレイグを慕っているのを知ると煩悶したが、遂に牛盗人の張本テイラーに誘わるる侭に失恋の意趣晴らしにその仲間になった。絶間ない盗難に困却した人々はクレイグをシエリフに挙げて家畜泥棒を退治することになった。クレイグはジムが泥棒の仲間と知って義務と友情との板挟みに苦しんだ。しかし遂にテイラーを捕らえ、ジムも一旦捕らえたが国境の外に追いやった。そしてクレイグとバーティーとの愛が成立した。...

作品データ

原題 A Man Four Square
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi