百花笑えば
ホーム > 作品情報 > 映画「百花笑えば」
メニュー

百花笑えば

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

エイヴァリー・ホップウッド氏原作のベラスコ劇団の当り狂言を、グラント・カーペンター氏が脚色し、「ボー・ブラムメル」「本町通り」等と同じくハリー・ボーモン氏の監督した作品。主役は「陷穽の宮殿」「晩年の誘惑」等出演のホープ・ハンプトン嬢、「久遠の微笑」等出演のウィンダム・スタンディング氏、「本町通り」「快男子ソーヤー」等出演のルイズ・ファゼンダ嬢、その他アレック・B・フランシス氏、アン・コンウォール嬢、ジョニー・ハーロン氏等が出演する。

ストーリー

歌劇女優ヴァイオレットはウォーリー・ソーンダースと恋仲であったが、青年の伯父スティーブン・リーは女優に誠の恋はないといって2人の仲を許さず、顧問弁護士のブレータ老人と同道して女優の家へ破談に出かけて行ったが、ヴァイオレットの姉分に当たる2人の女優ジェリーとメーベルは海千山千の代物で、リーとブレークの2人を巧みに操って、2人とも彼女達の色香に魅せられ、ウォリーとヴァイオレットとを夫婦にするとの言質をとられる。姉分の女優2人も始めは専らヴァイオレットのためにリーとブレークを手玉にとっていたのであるが、木乃伊とりが木乃伊となったようにジェリーはリーに、メーベルはブレークに参ってしまい、結局三組の不腑が出来上がって、傾城の誠とやらを発揮して終わった。批評ー愉快なコメディー・ドラマで、舞台劇に劣らぬ効果を挙げている。監督も演技もよい(ニウス誌ローレンス・リード氏)...

作品データ

原題 The Gold Diggers
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi