パームスプリングの週末
ホーム > 作品情報 > 映画「パームスプリングの週末」
メニュー

パームスプリングの週末

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「スペンサーの山」のアール・ハマー・ジュニアの脚本を「ヤング・ヤング・パレード」のノーマン・タウログが演出した青春ドラマ。撮影は「ランページ」のハロルド・リップステイン、音楽をフランク・パーキンスが担当した。出演者は「恋愛専科」のトロイ・ドナヒュー、「インターン」のステファニー・パワーズ、「けっさくなエディ」のジュリー・バン・ダイク、ほかにタイ・ハーデン、コニー・スティーヴンスなど。

ストーリー

復活祭の避暑地パームスプリング。ジム(トロイ・ドナヒュー)たち大学の篭球チームの一行は同じバスのゲイル(コニー・スティーヴンス)と名乗る金持ちの高校生と知り合う。途中でバスは故障、ゲイルは通りかかったエリック(ロバート・コンラッド)の車で送ってもらうが途中でハリウッドのスタンド・イン、ストレッチ(タイ・ハーデン)とスピード競争をやり、彼の車をエンコさせてしまった。さて、パームスプリング。ジムは警察署長の娘バニー(ステファニー・パワーズ)と知りあった。エリックもゲイルと仲良くなった。だが、彼がゲイルを力づくで彼女を自由にしようとしたため、通りかかったストレッチが彼を殴り倒し、そのまま車で去って行った。その途中で若者たちの1団が現れ、よけるために転覆させてしまった。自首をしたがそれには、彼の理解の少ない父親へのいやがらせも混っていた。警察でジムに悟され、自分を悔い改めた。またゲイルは実は偽名を使った普通の高校生ジェーンだと白状したが、勿論それを許し、再会を誓い合った。復活祭は終わった。一行が帰途につくとき、パトカーで署長とバニーが駆けつけ、医者になると言っていたジムを何年でも待っていると約束し、彼を喜こばせた。署長は、来年も来て欲しい、ただし、両親と一緒に、と言った。警官が若者たちのお守りをするのはかなわないからだ。...

作品データ

原題 Palm Springs Weekend
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi