バタシの鬼軍曹
ホーム > 作品情報 > 映画「バタシの鬼軍曹」
メニュー

バタシの鬼軍曹

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロバート・ホルスの原作を彼自身が脚色、「喰いついたら放すな」のジョン・ギラーミンが監督した戦争ドラマ。撮影は「若さでぶつかれ」のダグラス・スローカム、音楽しゃ「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のジョン・アディソンが担当した。出演は「大脱走」のリチャード・アッテンボロー、「ズール戦争」のジャック・ホーキンス、「北京の55日」のフローラ・ロブソン、「大脱走」のジョン・レイトンのほか、エロール・ジョンなど。製作はジョージ・H・ブラウン。

ストーリー

ローダーデール軍曹(リチャード・アッテンボロー)が独立直後のアフリカの一共和国にあるバタシのイギリス駐屯部隊所属として着任した。黒人との混成部隊である。部隊長はディール大佐(ジャック・ホーキンス)。ディール大佐は首都の政変で、イギリス軍に所属する者は任務をアフリカ軍にひき渡し、各自の部署で待機せよとの命令があり、同時に黒人のエブラハム大尉に委ねた。大佐は首都から呼び出され出発した。その直後イギリス軍属のウィルクス一等兵と国際連合に勤めるカレンという男が軍曹に保護を求めてきた。また、イギリスがら実情調査が目的のワイズ女史(フローラ・ロブソン)も到着した。エブラハムの部下にボニーフェース中尉(エロール・ジョン)という気鋭の部下がいたが政変による新政権の名においてエブラハムを逮捕、反乱軍の指揮権を握ろうと考えた。それを知ったエブラハムは逃走し、軍曹に助けを求めた。軍曹と中尉の反目がはじまり、実力行使を行なう段階にまですすんだ。ディール大佐が帰って来て、新政権はイギリス政府に承認されたと伝えた。だが、軍曹の勇み足を、大佐に昇進した、ボニーフェースの要請で、軍曹はアフリカ以外の地へ転任となった。...

キャスト

作品データ

原題 Guns at Batasi
製作年 1964年
製作国 アメリカ・イギリス合作
配給 20世紀フォックス
上映時間 103分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

バタシの鬼軍曹[DVD] バタシの鬼軍曹[DVD] 砲艦サンパブロ[Blu-ray/ブルーレイ] エリザベス[Blu-ray/ブルーレイ]
バタシの鬼軍曹[DVD] バタシの鬼軍曹[DVD] 砲艦サンパブロ[Blu-ray/ブルーレイ] エリザベス[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2007年7月6日 最安価格: ¥2,467 発売日:2013年3月2日 最安価格: ¥777 発売日:2008年8月29日 最安価格: ¥3,959 発売日:2011年6月22日 最安価格: ¥2,037
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi