爆弾ジョーンズ
ホーム > 作品情報 > 映画「爆弾ジョーンズ」
メニュー

爆弾ジョーンズ

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「大金鉱」「戦慄を追う男」のバック・ジョーンズが主演する西部活劇で、「男性の王者」を監督したランバート・ヒルヤーが原作脚色監督したものである。カメラはアル・シーグラーが担当している。助演者は「ゆりかごの唄」のダイアン・シンクレアを始め、「餓ゆるアメリカ」のワード・ボンド、「犯罪都市(1931)」のディック・アレクサンダー、「暁の耕地」のアーヴィル・アルダーソン、「海の密室」のルイ・ナトー、「ナイトクラブの女」のナイルス・ウェルチ等である。

ストーリー

ベン・ホーリデイは騎兵旅行の途上で1人の壮漢が殺害されるのを見て、近づいて見ると死者の懐中していた手紙から、この男は長の年月別れていた妹のヘレン・ジェームズに逢うために帰郷の途中遭難したものであることが判明した。手紙によるとヘレンはラプラントという悪者とその相棒クラルのために牧場を横取りされかかっている模様だった。侠気のベンはヘレンを訪れると、彼女は兄と勘違いして迎えたので、ベンは兄になり澄まして彼女を助けようと決心する。ヘレンの父は銀行に大穴を明けて責任上自殺したことになっているがベンはそれがこしらえことに思えるのでウィリアムス判事と協力して事件の謎を解こうとする。それを知ったクラルはベンを殺人事件に巻き込み、投獄させる。獄中でクロスビイという男に逢ってベンはラプラントとクラルの犯罪事実の鐙言を得た。会いに来たヘレンにベンは自分は兄ではないと告げると彼女は失望して帰って行った。ベンは夜に乗じて脱獄してラプラントの事務所に忍び込んだ。とは知らないでラプラントとクラルが来て、何事か争論したあげくクラルはラプラントを殺してしまう。そして殺害の罪をベンになする付けるが、ベンは謀らずも隠れた戸棚の奧に秘密通路があることを発見し、クラルがこれを利用してヘレンの父を殺害し、公金を盗んだ経路を立証することができた。かくてクラルは逮捕され、その白状によってヘレンの父の汚名は雪がれヘレンは妹よりも妻となることにより大きな喜びを抱いてベンの強い腕に身を任せたのである。...

作品データ

原題 The Fighting Code
製作年 1933年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi