爆笑七日間
ホーム > 作品情報 > 映画「爆笑七日間」
メニュー

爆笑七日間

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「のんきなおばさん」「離婚希望」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したクリスチー長編喜劇でメアリー・ロバーツ・ラインハート女史とエイヴァリー・ホツプウッド氏の合作喜劇を映画化したもの。脚色者はフランク・ローランド・クンクリン氏である。主演者は「黄金の寝床」「珍結婚」等出演のリリアン・リッチ嬢、「汝の母を如何せん」「赤ちゃん万歳」等出演のクレイトン・ヘール氏、「陽気なパリっ子」「ジョーンズの大事件」等出演のリリアン・タッシュマン嬢で、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ハル・クーリー氏、トム・ウイルソン氏、エデイー・グリボン氏、ウィリアム・オースティン氏等が共演している。

ストーリー

ジム・ウイスソンは離婚後第一回の離婚記念日祝賀会を催すことにした。来客の中にはジムが興味を持ち始めたきっと。エクレアという女を始めブラウン夫妻--アン・ブラウン夫人は心霊現象の狂信者である--等がいた。ところが侍僕が伝染するらしい不思議な病気にかかったので下男下女たちは怖れをなして逃げ出して仕舞った。それを感づいたのか泥棒が一人忍び込んだ。そして大飯を食って眠り込んだ警官フラニガンがそれを知る由もなかった。こんなことになっていようとは知らぬ金持ちの伯母さんセリナ--彼女は結婚の神聖を信じジムの離婚を未だに知らずにいる--やジムの前妻ベラ及びキットに惚れているトム・ハービソン等が訪れてきた。ジムは伯母さんの財産相続者たる地位を失わぬためにキットを自分の妻に仕立ててセリナ伯母を欺すことにした。しかし伯母さんは結婚神聖論者だけにジムの行為を怒り席を蹴立てて帰ろうとした。が侍僕の病気のためウイルソン邸は隔離され出入りを禁じられて仕舞った。それからセリナ伯母さんは驚くべき事件を目撃した。ジムの妻である筈のキットとトムとの濡れ場を見て肝を潰し、ジムが前妻ベラと寄りを戻しにかかってキスしようとするのを見て魂消げて仕舞った伯母さんは寝る時間になると見ずから人々をできるだけ間違えた組み合わせをした。一方地下室では目を覚ました警官と泥棒との隠れん坊が始まった。かくて7日目に隔離の人々の関係は捩れに捩れた。7日目に人々が欺し合いに飽きた時隔離は解かれた。そしてジムは一切を伯母にぶち撒けると案外洒落っ気のあるセリナは1人で笑い出しジムを相続人と決めた。ジムはベラと元の鞘に納まりキットとトムとは結婚した。...

作品データ

原題 Seven Days
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi