爆撃乱闘
ホーム > 作品情報 > 映画「爆撃乱闘」
メニュー

爆撃乱闘

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「任侠の勇士」「乱射乱戦」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したケン・メイナード氏主演西部劇で、アディール・パッフィントン女史が原作を執筆したもの。相手役は「大陸横断列車」「田園哀慕調」のユーゼニア・ギルバート嬢が勤め、ジェームズ・メイスン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏が助演し名馬ターザンが例によって活躍している。

ストーリー

十数年前全世界を風靡した金鉱熱は漸く冷めてしまったがアラスカのクロンデイクには今でも立派な金鉱町があり、米国西部地方にも所々に廃坑があって往時の盛大な冒険熱の名残を止めている。サリー・アン金鉱もこの廃坑の一つで洗練場や溶鉱炉が風雨に曝されているのであるが、この廃坑へ集合せよという奇怪な通知がサリー・アン・ドゥという娘とティム・ケリーという青年とジョーという男の許へ届いた。差出人は自ら「亡霊」と名乗る怪人物で時々姿を現しては色々な警告や助言をする。ジョーは悪人で不逞の徒の頭分であるが、父親からサリー・アン金鉱の権利の半分を譲り受けているのでこの通知場の事を疑っていた。そしてサリー・アンの父親はこの金鉱の半分を所有していた金鉱家だったが、何の関係もないケリー青年は痛く不審の念を抱いていた。ティムとサリー・アンとは日増しに親密になるのでジョーは明ら様にティムに敵意を示した。ティムは忠僕ブルーと協力してジョーの悪事を探知したが彼の奸計に陥って捕らわれの身となった。それを救おうとして現れた怪人「亡霊」も捕らえられたが、それは死人と信じられていたティムの父親ジョンだった。ジョンは十数年前ジョーの父親野ため無実の罪を被せられ投獄されたので出獄後正統の権利のある金鉱を快復しようとしたもので金塊を発掘していた。ジョーは金塊を奪って自動車で逃走を企てたがティムは単身ターザンを駆って追跡し大格闘の末首尾よく金塊を奪還した。...

作品データ

原題 The Phantom City
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi