半生を母に捧げて
ホーム > 作品情報 > 映画「半生を母に捧げて」
メニュー

半生を母に捧げて

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「名優の追想」で渋い演技を見せたブランドン・タイナン氏が昨年舞台の暇に撮影したもので、ジョセフ・レヴァリング氏が監督製作した。タイナン氏を助けてジョン・ホプキンス氏、ガードナー・ジェームズ氏、ミルドレッド・アーデン嬢、アリス・マン嬢出演。

ストーリー

己が意中の女をパワースにとられたホイットニーは深くこれを怨んだ。知的障害者同様のパワースの弟が同じ会社に勤めているのを奇貨としホイットニーは巧に偽って弟に小切手を偽署させる。社長がそれを知った時パワースは弟の罪を引き受けて20年の長期入獄をした。弟は小型自動車をホイットニーに貰って喜ぶ。喜んでいる知的障害者を煽って自動車競走をして機械の一部を破壊して置いて汽車と衝突させ惨死させ己の悪事の漏るるを防いだ。獄にあるパワースの嘆き。20年後出獄したパワースは偶然ブレイクというホイットニーの仲間に会う。罪を悔いたブレイクは凡てを告白する。かくてパワースは怒を発してホイットニーを撲殺に出かけるが危うく射殺されようとした瞬間ブレイクが横合から射った弾にホイットニーが倒れる。ここに初めてパワースの一家に平和と幸福がおとづれて来る。...

スタッフ

監督

キャスト

作品データ

原題 Unrestrained Youth
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi