裸の女にナニをする
ホーム > 作品情報 > 映画「裸の女にナニをする」
メニュー

裸の女にナニをする

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

隠しカメラでとらえた現代の倫理観についてのコメディ。製作・監督・インタビューはTV「隠しカメラ」の製作者アレン・ファント。撮影はアース・ファーラー、トム・マングラバイト、ジル・ゲラー、ジョージ・シラーノ、音楽はスチーブ・カーメン、編集はアービング・ウィンター、アーノルド・フリードマンがそれぞれ担当。出演はジョーイ・アディソン、ローラ・ハストン、マーティン・メイヤーズ、カリル・ダニエルズ、ドンナ・ホワイトフィールド、リチャード・ラウンドツリー、スザンナ・クレム、ノーマン・マンゾン、ジョーン・ベルなど。

ストーリー

裸の女の子がエレベーターから下りて来て道をたずねたら?裸の女がヒッチハイクをしていたら?裸の女性が男女共学の大学の性教育の時間に現れたら?裸の男性モデルといっしょに放っておかれた女性たちの反応は?--。このような状況に直面した場合に、一般の人々がどのように反応するかを、隠しカメラと隠しマイクでとらえていく。そこには、国により、裸に対する考え方の相違があらわれ、世代間にも断絶がみられる。撮影隊の一行は、各種のインタビューに適当な状況をつくり出すため、アメリカをはじめ、イギリス、ドイツなど、ヨーロッパを旅行してまわった。インタビュアーのファントとヌードの人たちを除いて、300 人以上の登場人物はすべて素人の人たちである。この映画の被者体として登場するこれらの人々は、老若男女、あらゆる階層の人々であり、それだけに“セックス”に対する見解、リアクションの仕方がちがっていて、それを隠しカメラが正直にとらえて行く。...

作品データ

原題 What do you say to a naked lady?
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi