裸一貫(1922)
ホーム > 作品情報 > 映画「裸一貫(1922)」
メニュー

裸一貫(1922)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ファースト・ナショナル社の為に映画を作っていたチャールズ・レイ氏がユナイティッド・アーティスツ社を通じて其作品を発表する事になって第一回の映画である。ハリー・ジェームズ・スミス氏の原作をかつてフォックス社映画等に出演していたアルバート・レイ氏が脚色し、やはりレイ氏の主演映画「懐かしの泉」「鉄拳舞踏」を監督したジョセフ・ド・グラス氏が監督した。俳優はチャールズ・レイ氏を始め「海路の日和」「嘘八百の世界」等出演のエセル・グランディン嬢やジャクリーン・ローガン嬢、セネット喜劇でお馴染みのエディ・グリッボン氏等其他達者な所が多数出演している。

ストーリー

ジョン・ポール・バートは地下室に店を構えたある洋品店に働き皺直して暮らしていた。彼は空想家であり又読書から得た知識で種々と推理的な自説を案出する事を楽しみとしていた。一夜明朝迄皺直しを頼まれた燕尾服を着用したのがもとで、運命の戯れから富豪スタンレーの晩餐会に参列する事になった。この席上彼は大洋汽船会社社長ネーサン氏に面識を得、自説の経済論が幸いして遂にこの汽船会社の重要な位置を占めるに至った。ジョンのいた洋服屋の娘タニヤは密かに彼に恋していたが彼の出世を心から喜んでいた。ジョンが腕を振るうべき汽船会社の労働問題の急先鋒ソンダックはタニヤの許嫁者であったがその卑劣な態度を見てタニヤは愛想をつかし婚約を破棄した。これらの恨みからソンダックは労働問題を悪化させたり新聞誌上にジョンの前身等を素破抜いたりして彼の地位を覆そうとした。彼の前身が洋服の皺のばしと分かった時、彼の周囲にあった上流の娘達は忽ち態度を変えた。彼は呑気な昔が恋しく再び洋服屋に帰って働く事となったが、汽船会社社長ネーサンは飽く迄彼の人材を惜しみ再び彼を迎えに来た。彼は決心して会社に帰る事となったが、ただしその前にタニヤの指に小さな指環を嵌めて行く事は忘れなかった。...

作品データ

原題 The Tailor-Made Man
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi