ハートでキッス
ホーム > 作品情報 > 映画「ハートでキッス」
メニュー

ハートでキッス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ルース・ブルックス・フリッペンの脚本をTVのドン・ウェイスが演出したコミカルなタレント・ドラマ。撮影は「西部開拓史」のミルトン・クラスナー、音楽は「ラスベガス万才」のジョージ・ストールが担当した。製作はジョー・パスターナク。出演は「渚のデイト」のコニー・フランシス、「ガールハント」のジム・ハットン、TV「ドクター・キルデア」のスーザン・オリバー、ジョビー・ベイカー、「ギャング紳士録」のバーバラ・ニコルズなど。

ストーリー

リビー(コニー・フランシス)は、歌手を志望していたが思わしくなく結婚に踏みきることにした。電話交換手になって花婿探しを始めた。彼女は友達のジャン(スーザン・オリバー)と共同でアパートを借りたが、何しろ狭い。そこで特別の衣裳掛けを工夫した。ある日、リビーは買物に出、音楽好きな店員カズ(ジョビー・ベイカー)と知り合った。だが結婚相手にはポール(ジム・ハットン)という青年を考えていた。ところがポールは彼女を相手にしない。それにジャンはポールと同僚、彼のことを買っていない。リビーは彼と会う機会を作るため、自分らの部屋でパーティーを催した。席上、ポールは例の万能衣裳掛けに目をつけ、商品化を企てた。早速宣伝に乗り出し、TVの発明者などをゲストに迎える番組にもリビーは出演し、そこで歌ったことがキッカケで人気歌手の代役までつとめるようになり、彼女の歌手生活は急ピッチに動きはじめた。カズの伴奏で歌うのだ。さて、リビーはポールとのデイトの機会を持ち、キスしたが、最初のキスのときは鐘が鳴るものだと聞いていたが一向に聞こえてこない。リビーは演奏旅行に出る時、別れのキスのためにロビーの隣室に鐘を並べて合図と同時に鳴らすよう頼んだ。ところが、突然カズが飛び込んで来て彼女にキスした。鐘はリビーの耳に高らかに響いた。彼を結婚相手と知り、喜んで旅に出発した。ところが隣室ではまだ鐘を鳴らしてなかった。どうやら、真の男性を発見したらしい。...

作品データ

原題 Looking for Love
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi