眠れる獅子
ホーム > 作品情報 > 映画「眠れる獅子」
メニュー

眠れる獅子

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

モンロー・ソールズベリー氏のユ社に於ける遺作の1つで、1921年やっとその輸入を見た。氏はイタリア人の性格描写に巧みな手腕を振っている。パット・ムーア君の子役と、リー・ミッチェル嬢の相手役とが良い演技を示す。監督は「長者海賊」以来久し振りのルパート・ジュリアン氏であるから悪かろう筈も無い。モンロー党の期待すべき映画である。

ストーリー

イタリア生まれのトニーはニューヨークの街々を粘土細工を売り歩いていた。彼は金を貯めて西部に牧場を買おうと思っていた。ついに彼は結婚しようと思っていたカルロッタやその他の友人に別れを告げて、トニー少年を連れて西部へ出発する。西部に来た彼は牧童たちから馬鹿にされていたが、博打うちのデューラントは彼を侮辱して一撃を食らわした。トニーは必ず何日か復讐すると決心した。1年の後、ケート・ビリングスという美しい乙女をトニーもデューラントも恋していた。かねてトニーを愛していたケートの優しい恋の申し出をトニーは誠の愛と知らず、「貴女の愛するのは力である」と言ってしりぞけた。これがため娘はデューラントと共に駆け落ちしたが、やがてデューラントの悪行は娘を失望させた。そしてついに彼を捨て、親切なトニーの小屋に傷つける身を運んだ。デューラントは牧童を語らってトニーを私刑にせんと押し寄せた。そして荒馬に彼を縛って放した。トニー少年はドハネー大佐の許へ助けを求めに走る。2人はトニーの危機を救った。その後トニーはカルロッタが東部で結婚したことを聞いて、ケートの真の恋を受け入れた。...

作品データ

原題 The Sleeping Lion
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi