虹の女王
ホーム > 作品情報 > 映画「虹の女王」
メニュー

虹の女王

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「追求」のウィリアム・ジャコブスが製作し、「恋の乱戦」のデイヴィッド・バトラーが監督した1949年度のテクニカラー・ミュージカル作品で、1920年代のブロードウェイを風靡したミュージカル・コメディ女優、マリリン・ミラーの半生を描く。バート・カルマーとハリー・ルビーのストーリーを「恋の乱戦」のフィーブとヘンリーのエフロン夫妻と、作家出身のマリアン・スピッツァーが協力脚色し、撮影は「第二の妻」のペヴァレル・マーレー、音楽監督は「破局」のレイ・ハインドーフが夫々担当する。主演は「勝利の園」のジューン・ヘイヴァー、舞台出のダンサー、レイ・ボルジャー、ラジオ歌手出身のゴードン・マックレーで、チャーリー・ラグルズ(「五番街の出来事」)、ローズマリー・デ・キャンプ(「ジャングル・ブック」)、S・Z・サコール(「花の合唱(コーラス)」)らが助演する。

ストーリー

両親と2人の姉が家族劇団を組織しているミラー家の末娘マリリン(ジューン・ヘイヴァー)は、幼い頃から舞台に憧れたが父が許さず、たまたま一家4人が病気のとき、マリリンはコミック・ダンサー、ドナヒュー(レイ・ボルジャー)と一緒に踊って大当たりをとり、一座に加わることができた。巡業を続ける5人一座はロンドンに行き、マリリンはそこでブロードウェイのプロデューサーに認められ帰米することになった。彼女はかねてよりドナヒューに好意を持っていたが、彼にすでに妻子があることを知り、あきらめてきれいな友情を保つことを約束した。ブロードウェイで彼女は最初フランク・カーター(ゴードン・マックレー)という歌手と組み、2人は反目しつつ恋におちた。しかし人気者の彼女はとかく思い上がり、2人の仲は結婚まで進まぬうちに第一次大戦がおこり、フランクは出征した。その間マリリンはジーグフェルド・フォリーズに出演し、レヴュー界の花形になった。終戦とともにフランクは帰還し、2人は結婚した。だが彼女の「サリイ」の初日に、フランクは自動車事故で他界した。悲しみのマリリンは全生涯を舞台に捧げる決心をし、新作「サニイ」に出演を申し出た。その頃、彼女は鉄道企業家ドーランの熱心な求婚を承諾した。やがて「サニイ」の舞台稽古の日、彼女は心臓病と診断され引退をすすめられたが、倒れるまでは一途に舞台に生きようと決心するのであった。...

作品データ

原題 Look for the Silver Lining
製作年 1949年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース日本支社
上映時間 106分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第22回 アカデミー賞(1950年)

ノミネート
作曲賞(ミュージカル) レイ・ハインドーフ
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi