二十三時間半
ホーム > 作品情報 > 映画「二十三時間半」
メニュー

二十三時間半

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「白薔薇の君」そのほかの作者として有名な閨秀文学者メアリー・ロバーツ・ラインハートの原作になった喜劇で、アグネス・クリスティン・ジョンストンが脚色したもの。今インス映画でスターとなって人気湧くがごときダグラス・マックリーンが始めてスターとしてドリス・メイと共演した作品である。

ストーリー

若い軍曹ウィリアム・グレーの犬がドッヂ将軍の足に噛みついた時、仲間達から罰を受けるぞと脅かされたウィリアムは、きっと将軍の邸の朝食に招待されてみせると頑張って、彼らは賭をした。将軍にはペギーという花恥かしい娘があった。壮健な2人の青年男女が近づいている中に起こるべき必然的の運命がウィリアムとペギーを訪れた。従って彼らは恋におちたのである。ウィリアムが23時間半の休暇を得て、得意満面新しい服を着て出かけようとしたところが彼の征服は軍隊の制限を無視したからという理由で、彼は休暇を取り消されてしまった。彼は逃げ出してペギーの運転している自動車に飛び込んだ。そして2人が帰って来た時には、お土産と2人のスパイを引張ってきた。それゆえウィリアムは早速お褒めにあずかった上、将軍の邸の朝食に招待され、賭には勝つし、花嫁にはありつくというおめでたい結末になる。...

作品データ

原題 23 1-2 Hours Leave
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi