21歳なりし頃
ホーム > 作品情報 > 映画「21歳なりし頃」
メニュー

21歳なりし頃

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

H・V・エスモンド原作の舞台劇を脚色したもので、「暁の前1時間」「二十三時間半」などの監督をしたヘンリー・キングが監督し、H・B・ワーナーが主演した人情活劇で相手は「死の極印」出演のクレア・アンダーソンである。

ストーリー

ディック・ケイリウは自分の保護するリチャード・オウデインが、フィリス・エリクスンという美しい娘と結婚することを限りない望みとしていたのであるが、リチャードがカラという妖婦に迷って結婚してしまったのを知らずに、カラの不貞さを示すために吾身の名誉までもすてようとしたが、カラはリチャードが金がないのを見てデーヴという男と手をたずさえて去る。フィリスは実はディックを恋していたのであるが、彼を喜ばせるためにリチャードとの結婚を承諾していたのである。彼女はここに至ってディックに我が胸中を示したのである。...

キャスト

作品データ

原題 When We Were Twenty One
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi