謎の大陸 アトランティス
ホーム > 作品情報 > 映画「謎の大陸 アトランティス」
メニュー

謎の大陸 アトランティス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

紀元前に海中に没したと伝えられる謎の大陸、アトランティスを舞台にした空想冒険ドラマ。ジェラルド・ハーグリーブスの舞台劇をダニエル・メインウォーリングが脚色し、「タイム・マシン」のジョージ・パルが監督した。撮影はハロルド・E・ウェルマン。出演しているのはTV出身の新人アンソニー・ホール、「連邦警察」のジョイス・テイラーなど。製作はジョージ・パル。日本語版で、納谷悟郎、前田敏子、田口計などが声の出演をしている。

ストーリー

ギリシャの若者デミトリオス(アンソニー・ホール)はある日アトランティス国の王女だという美女アンティリア(ジョイス・テイラー)を海でひろいあげ介抱した。そして父ペドロと別れ王女と海の彼方の謎の国アトランティスに船をむけた。彼は船を西へ西へと進めた末、愛するアンティリアの故国アトランティスにたどりついた。その国は高度に文明が進んでおり、大魚のような水中船をもっていた。アンティリアの父クロナス王は無事な姫をみてよろこんだ。が、野心家の軍務大臣ザレンによりデミトリオスは奴隷にさせられた。星占い師ソノイも彼を不吉の前兆といった。そこでデミトリオスは火と水の中で巨人アンデスと戦ってこれを倒し、アトランティス市民の権利を得ることに成功した。他国人の意外な強さにおどろいたザレンとソノイは、世界を早く征服してしまわぬとギリシャに滅ぼされると思いこみ、殺人光線を使って世界を討ち従えてしまう計画をたてた。平和主義者の僧正エイザーの反対もしりぞけられた。これをみたデミトリオスは、また自ら奴隷となって殺人光線の製作に必要な水晶をほる他の奴隷たちのなかにまぎれこんだ。それから彼は奴隷たちを組織して火山の大爆発を誘導させる作業にせいをだした。彼の計画どうり火山は爆発し奴隷たちとともにデミトリオスtとアンティリアは海に逃れた。彼らを殺そうとしたザレン一味は僧正に殺されてしまった。アトランティスは海中に没し、船にのったデミトリオス、アンティリア他少数の奴隷だけが助かったのであった。...

作品データ

原題 Atlantis, the Lost Continent
製作年 1961年
製作国 アメリカ
配給 MGM映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi