仲間の最後
ホーム > 作品情報 > 映画「仲間の最後」
メニュー

仲間の最後

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ミッチェル・ルイス氏がインディアンに扮して力強い芸を見せる。原作は「情熱の男」の監督者ロバート・ノース・ブラッドベリー氏の合作。ブラッドベリー氏が監督をした。対手はユ社映画で端役をしていたイヴェット・ミッチェル嬢や「乙女心」等出演のエドワード・ハーン氏、その他カセリン・ヴァン・ビューレン嬢等も出演している。

ストーリー

カナダの西北部人跡稀れな森林中に暮している白人アンソニー・ブリッグスは、インディアンのローン・ウルフとその妹ナタリーを養って自然を友とした生活を送っていた。彼がこうした生活をするようになった動機は、彼が身も魂も捧げて愛していた妻が自分の使用していた樵夫頭ロバート・レイシーと駈け落ちをしたがためである。白人の教育を受けて成人したローン・ウルフは、未だ白人の女を見た事はなかったが、一日傷に悩む美しい白人の娘イヴォンヌを救けてから、まだ見た事もない彼女の美に心惹かれて、彼の若い血潮は湧いたのである。イヴォンヌはニューヨークから友人と共にこの森林中に狩猟に来ていた娘であるが、彼女の友人連は彼女に勧め、正直なローンウルフをして彼女を恋せしめ、それを嘲って弄みとしようとする。やがてこれを知ったローンウルフは、白人の醜さを罵って森へ帰った。そして、妹ナタリーが、かつてブリッグスの妻を連れて逃れたロバートの息子レイナードのために欺かれたのを知ったローン・ウルフは、逃れるレイナードを迫って大格闘の末、妹の無念を報じたのであった。...

作品データ

原題 The Last of His People
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi