君を思えば
ホーム > 作品情報 > 映画「君を思えば」
メニュー

君を思えば

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フォックス社ファースト・ナショナル社にいたコリーン・ムーア嬢が主演したゴールドウィン映画で「女房改造」や「懐かしの我家」等最近名作相次いで公開されたルュパト・ヒューズ氏の原作脚本である。監督はビッグフォード姉弟の映画や最近はパ社にあり「子煩悩」等を監督したアルフレッド・E・グリーン氏である。「夢の街」「妙計大当り」等出演のラルフ・グレイヴス氏が相手役、その他ユ社連続でお馴染みのキャスリーン・オコンナー嬢等が出演。

ストーリー

アイルランドの青年シェーンは恋人モイナを国に残し、仕事を得て金の余裕のつき次第、呼び迎える約束で米国へ稼ぎに来た。しかし思った様なよい職もなく貧しくコツコツ働いていた。所がモイナはシェーンには内緒で友人に連れられ突然米国に来て、恋人には嬉しい甘い驚きを与えたのであるが、シェーンが米国の娘ジュディーと仲睦まじげなのを見て2人の仲を誤解してしまった。やるせない涙がモイナの優しい心を傷めた。しかしすべの事情が故郷の想出深いえる舞踏会の席に明かになり、彼女の恋は恵まれたのである。...

作品データ

原題 Come on Over
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi