怒濤を蹴って
ホーム > 作品情報 > 映画「怒濤を蹴って」
メニュー

怒濤を蹴って

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「狼の掟」同様フランク・メイオ氏主演のユ社映画。C・B・ランカスター氏の同名の小説からジョージ・ランドルフ・チェスター氏が脚色しエス・ハート氏の監督で知られたランバート・ヒルヤー氏が監督した。相手役は「電波王」等のルイズ・ロレイン嬢メイオ氏夫人ダマール・ゴドウスキー嬢も出演している。

ストーリー

ロッドという南海の商人はトニーという怠け者を奴隷の境遇から救ってやったがトニーは却ってロッドの金を奪い仏国へ逃げた。トニーは仏国将校の娘ジョーと結婚したが、間もなく彼の素性が知れ将校は其結婚を取消し南海へ来る。かくてジョーとロッドとは恋仲となるが、此処へ又も帰り来たったトニーは飽く迄も彼女の夫たるを主張し激しい争闘の幕は開かれる・・・・。...

作品データ

原題 The Alter Stairs
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi