独身倶楽部
ホーム > 作品情報 > 映画「独身倶楽部」
メニュー

独身倶楽部

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

J・L・ホッブル氏原作になりベラスコ氏の当たり狂言なる「父逢」に基づき、ジュリアン・ジョセフソン氏が脚色し、「唖も語る」「女は曲者」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもの。主役は「ホワイト・ローズ」「廻り会う迄」等出演のメイ・マーシュ嬢、「結婚とは」「女は曲者」等出演のハリー・マイヤース氏の二人で、その他「幸福の宮殿」「小公子」等出演のクロード・キリングフィールド氏、「天罰」等出演のクレア・アダムス嬢等が共演している。

ストーリー

独身倶楽部を組織している5人の会員があった。誰でも結婚すれば5千ドルの罰金という規則であったが、その中の一人は罰金を払って結婚して終わった。他の一人は親友が死ぬ時にこの娘を残した。他の3人は戦争で孤児になった孤児を引き取ることになり、ロバート・アンドリーは18才の乙女ルスを引き取り、ジェームズは小さい女の子、アレンは3つ児の男の子達を引き取り、何れも子供の愛に引かされて、母となるべき婦人を娶った。ロバートはルスと結婚し、しばらくして独身倶楽部は全員を失い消滅した。...

スタッフ

監督
脚色
ジュリエン・ジョセフソン
原作
J・L・ホッブル

作品データ

原題 Daddies
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi