灯消えぬ
ホーム > 作品情報 > 映画「灯消えぬ」
メニュー

灯消えぬ

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ポール・ディッキーとマン・ペイジ合作の舞台劇に基づき、レックス・テイラーが脚色し、アルフレッド・サンテルが監督したもので、主役はかつてユ社青鳥時代のスターであったルース・ストンハウスで、「スザンナ」出演のウォルター・マッグレイルや、新進のマリー・アステアー、セオドア・フォン・エルツが対手役を演じている。

ストーリー

ヘア・ピン・アニーとシー・バスという男女の悪漢は汽車の中でエグバート・ウィンスロウの持つ鞄を盗もうとしたが、その中には活動写真用の脚本が一杯詰めてあった。エグバートの仕事に興味を持ったシー・バスは、かつて彼を裏切ったハイ・シャイン・ジョーの悪事の次第をエグバートに語り、それによって脚本を書かせた。これを南米の常設館で見たジョーは脚本を書いた男に復讐しようとハリウッドへやってきたが、ジョーがかつて盗みに入った銀行の頭取ベイトンが警官を連れてきたのでジョーは捕縛され、光栄ある脚色家のエグバードはペイトンの娘バーバラと婚約する。...

作品データ

原題 Lights Out
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi