時々は貴方のもの
ホーム > 作品情報 > 映画「時々は貴方のもの」
メニュー

時々は貴方のもの

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ルー・コディ氏の男ヴァムパイアー劇で、妖婦型の未亡人ブンニーにはベティー・ブライス嬢が扮している。その他J・バーニー・シェリー氏やエリノア・フェアー嬢等が出演する。監督は「虎の足跡」「深夜の人」「第三の眼」等を監督したジェームズ・W・ホーン氏である。ニューヨーク上流社界を背景としてよく雰囲気が現われている。

ストーリー

好色の美術家ブルース・サンズは弄んだ女ブンニー・ウィンストンに訪問され結婚を要求された。この時ブルースの伯母がウッドワード家からの招待状を持て訪ね来り、ブンニーを発見して驚く。その後ウッドワードの家でブルースは彼女に会ったが、かねて妻を亡ったウッドワードはブンニーに結婚を申し込んでいた。ブルースはウッドワードの娘オードレーに近づいて行く。オードレーが落馬して重傷を受けた時、彼女は譫言にブルースに対する恋を口走った。ブルースは彼女を鎮めるために、心にもなく結婚を約束する。しかし娘は彼に誠意なきを知って、婚約を破棄した。一方ブンニーとウッドワードは秘密に結婚した。ブンニーはその後ブルースに彼女がウッドワードと結婚したのは彼の傍におりたいためと告白した。2人の抱擁はウッドワードに発見された。ブンニーは彼女が結婚の動機を包まず夫に明言してその家を去る。その後彼女がブルースを訪ねて来た時、ブルースはすでに彼女を棄てて、他の女と戯れていた。...

スタッフ

監督
脚本
H. Tipton Steck
原作
Elmer Forst

作品データ

原題 Occasionally Yours
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi