電話姫
ホーム > 作品情報 > 映画「電話姫」
メニュー

電話姫

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィリアム・C・デミル氏作の舞台劇「女」を映画化したもので、エリザベス・ミーハン女史が脚色し、「ボー・ジェスト(1927)」「神我に二十銭を賜う」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督した。主役俳優は「お針娘バーサ」「大山鳴動」等出演のマッジ・ベラミー嬢、「或る男の一生」「南海のアロマ」等出演のワーナー・バクスター氏、「百貨店」「当たり狂言」等出演のローレンス・グレイ氏、「鉄腕の男」「ウィーンの狂乱」等出演のメイ・アリソン嬢及び「ロジタ(1923)」「荒野の孤児」等出演のホルブルック・ブリン氏で、ヘール・ハミルトン氏、ハミルトン・レヴェル氏等も出演している。

ストーリー

マシュウ・スタンデイッシュは知事選挙に際して候補に立ち当選確実と目された。反対側として立候補した現知事マーク・ロビンソンは心平かならず。またロビンソン失脚と共に勢力を失墜すべき政治親分のジム・ブレイクもスタンデツシュの優勢なのを憂いた。そして今はスタンデツシュが5年前独身時代にアトランテイック市に於いて或る夫人と浮名を流した事を掘り出して其の人気を脅かす事以外に方法がなかった。しかし残念な事には其の問題の女の名が判明しないことだった。ブレイクはスタンデツシュが泊まっているホテルの電話交換手キティー・オヴライエンに問題の女の電話番号を漏らしてくれと依頼した彼女は拒絶した。それにはキティーと恋仲であるジム・ブレイクの息子トムとの結婚をジムが許さない事も原因だった。スタンデツシュが呼んだ番号はプラザ1001番だったがキティーはブレイクには教えなかった。其の番号は現知事ロビンソン夫人に警告せよと告げたが夫人は耳をかさなかった。ブレイクはスタンデツシュに事件が朝刊に載るから候補断念すべき事を勧告した。ブレイクは再びキティーを責め立てた。ロビンソン夫人は自分がスタンデツシュと関係があった事を告白した。ロビンソンは我が顔に泥を塗る事のなるので事件は永久に葬られた。キティーはトムと結婚することを許された。...

作品データ

原題 The Telephone Girl
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi