凸凹ハリウッドの巻
ホーム > 作品情報 > 映画「凸凹ハリウッドの巻」
メニュー

凸凹ハリウッドの巻

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「凸凹スパイ騒動」と同じくS・シルヴァン・サイモンが監督したバッド・アボット、ルー・コステロ喜劇で、嘗て此のチームのラジオのプロデューサーだったマーティン・A・ゴッシュが製作した1945年作品。原作は「凸凹空中の巻」のナット・ペリンが製作者ゴッシュと協力書きおろし、脚本もペリンが「女は要らねえ」のルー・ブレスロウと協力執筆した。撮影は「悪漢バスコム」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが監督した。

ストーリー

ハリウッドの理髪師バッズとアバークロムビーは、ある日俳優周旋業のロイスに呼ばれた。途中でマニキュア・ガールからスターとなったクレアがスターのラメーズに昼食を誘われて拒絶しているのに出会い、ラメーズが次の映画にクレアと共演なら出ないとロイスに申し込んで来たのに驚いた。するとロイスは無名のパーカーを使うという。凸凹2人は周旋業のボロいらしいのに感心し、転業してパーカーを先ず売り込むこととなる。2人はプロデューサーのカヴァナに渡りをつけたが、撮影所門前で門前払いとなる。然しクレアはパーカーを連れて来てカヴァナのお気に召した。ところがラメーズが又もや現われて、クレアと共演すると申入れる。そこで凸凹はラメーズのヨットに乗り込み、喧嘩を売ってアバーはラメーズに水中に投込まれると、溺死を装った。バズはラメーズを隠れてろと逃がす。その間にパーカーはクレアと共演の映画に出演する。死んだ筈のアバーは、その映画に変装出演すると、ラメーズも変装してエキストラになっていた。そこでラメーズが大騒ぎを始めるが、パーカーは大成功をしたので、お礼に凸凹に新しい理髪店を開業させた。...

作品データ

原題 Abbott and Costello in Hollywood
製作年 1945年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi