ディンティー
ホーム > 作品情報 > 映画「ディンティー」
メニュー

ディンティー

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マーシャル・ニーラン氏自身原作を書き、監督したもので、マリオン・フェアファックス女史が脚色した。ニーラン映画のスターに昇進してからの雀斑だらけの小名優ウェズリー・バリー君の第1回作品であって、コリーン・ムーア嬢、マージョリー・ドウ嬢、J・バーニー・シェリー氏、ノア・ビアリー氏等が補導格で出演する。ユーモアーに富む劇筋ではあるが、サンフランシスコの中華街の迷路や飛行機等を応用した大活劇が素晴らしいそうである。大分評判になったものであるから期待すべき映画であろう。

ストーリー

アイルランド生まれの新聞売り子ディンティーは病気の母親に甲斐甲斐しく仕えたが、その効なくて母が死んでからはいささか悲観はしたものの、友達の御役に立つことに努め、親切な判事ホワイトリーの娘ルスがサンフランシスコの密輸入時に誘拐された時には、身命を削ってルスの救助に努力する。その効は空しからずやがて彼が立派な家に引き取られて幸せに暮らせる日が来たのである。...

キャスト

作品データ

原題 Dinty
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi