天下無敵(1924)
ホーム > 作品情報 > 映画「天下無敵(1924)」
メニュー

天下無敵(1924)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「男の意地」として大正11年封切りされたウィリアム・ファーナム氏主演映画と同じ物語であるが、今度はスターがトム・ミックス氏である。原作者はゼーン・グレイ氏で、「猪突猛進」「天空万里」等と同じくリン・F・レイノルズ氏の監督したもの。対手役は「荒馬の天下」「木っ葉微塵」等出演のマリアン・ニクソン嬢である。

ストーリー

バック・デュエインは自営上侮辱を与えられたカル・ベインを殺すの止むなきに至り、逃れて世を忍ぶ身となった。彼はシェリフのホウキンスがジェニーという娘の父を殺し、彼女をブランドという悪漢の許に監禁した。これを知ったバックはブランドを倒してジェニーを救出し遂に悪漢一味を監視人に引き渡しジェニーと結婚した。批評ー素晴らしい西部活劇で、スターの名と共に良好な成績を期待し得る。...

作品データ

原題 The Last of the Duanes
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi