天下の寵児
ホーム > 作品情報 > 映画「天下の寵児」
メニュー

天下の寵児

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

エドガー・フランクリンの原作により「厄介娘」「騒擾の巷」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督製作した笑劇で、主役は「女難襲来」「おお、先生」等主演のレジナルド・デニー氏が演じ相手役は「女難襲来」と同じくマリアン・ニクソン嬢で「厚化粧の浮かれ女」等出演のポーリン・ギャロン嬢を始めタイロン・パワー氏、リー・モーラン氏、チェスター・コンクリン氏が助演している。

ストーリー

トーマス・ベドフォードは商売敵の娘アリシアと婚約の間柄であった。アリシアの父はそれを好まず破約させかつトーマスを破産させようとしてクレアという女に旨を含めて、トーマスと結婚したと事務所で宣言した。露些かも覚えがないと彼が言っても彼はクレアが結婚したと称する夜の彼の所在と行動とを証明する事ができない。それを証明してくれる男を探しに彼は歩き廻ったが、結局大変な事になった。というのは、彼は何時の間にか大金を盗んでしまっていたのだった。クレアは彼の宅に押しかけて来た。それから彼を捕縛しに警官がやって来た。クレアは終に本当の事を言ってしまうのでトーマスは厄を逃れアリシアと結婚することができた。...

作品データ

原題 Where Was I
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi