罪ある者
ホーム > 作品情報 > 映画「罪ある者」
メニュー

罪ある者

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ストーリー

父に強いられ心ならずも妻のマリーを離別し法律の研究に没頭したクロードは25年間もマリーに離れて生活していた。クロードの胤を宿していたマリーは生まれる子を父なし児よと呼ばせないためにフラムボンと結婚し、娘クローディンを生み落したが、フラムボンは日毎にマリーを虐待していた。クローディンをジャンに結婚させようとした時娘が拒絶したのは母の指図と、猛り立ったフラムボンは手荒くマリーを殴打するので、夢中でクローディンは彼を銃殺した。娘の公判は開かれる。判事は娘の真の父クロードであった。真相を知った判事は法廷において悲痛極まる大演説をなし、我こそ「罪ある者」であるという。娘は同情ある判決を受け、やがて3人は新しい家庭を作るにいたった。...

作品データ

原題 The Guity Man
製作年 1918年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi