妻となりて
ホーム > 作品情報 > 映画「妻となりて」
メニュー

妻となりて

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ポーリン・フレデリックのゴールドウィン映画で、全く性質の反対な2人の女性の2役を演じている。原作はコスモ・ハミルトン、監督は「にこにこビル」などと同じくホバート・ヘンリーである。

ストーリー

シャーウッドは妻が冷淡な態度を持しているので自暴自棄となり酒に浸ってしまっているので夫妻の間は益々距って行く。女書家マリアンはこのシャーウッド夫人と非常に似ているところからある悪人に欺かれ夫人の代わりとなって1週間だけ同家に住むことになった。ところが本当の夫人はその悪人に誘惑されて旅行する内、不慮の災難に遭って死んでしまう。その結果マリアンの本身もシャーウッドに知れたが、かえって彼は喜んでマリアンを妻に迎え、かくして彼の家庭を取り巻く暗い空気も一掃された。...

作品データ

原題 One Week of Life
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi