妻といふ妻
ホーム > 作品情報 > 映画「妻といふ妻」
メニュー

妻といふ妻

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「武者一騎」「鉄拳の響」と同じくスティーブン・フォックスの原作、「愛に輝く眼」と同じくロイド・イングレアムの監督により、メアリー・マイルス・ミンターの主演した人情劇で、相手は新顔のコリン・チェースである。ジョージ・ペリオラットや、ミンターの妹マーガレット・シェルビーも出演する。

ストーリー

結婚してからまだ数日しか経たぬロビンは、一束の手紙を焼こうとしているところを夫のジェッフリーに発見された時、それがほかの男から来た手紙だと言った。夫は大いに嫉妬心をそそのかされる。時も時この室へクレイグという男が間違って飛び込んで来てロビンに泥棒と間違えられ発砲される。彼が気絶したのを見てロビンは驚いて医者を迎えに行った留守へ、ジェッフリーが帰って来てクレイグが酔払って寝ているのだと誤解し、離婚をしようとまで憤る。親切なコーラン判事は夫妻の仲を和げようと、知り合いのダブルデイ夫妻とともに2人を田舎の別荘に招待する。ここでまたクレイグが飛び出したために一騒動が起こり、その上ダブルデイ夫妻が宝石を盗まれたように装って保険金を搾取しようとし、これを知った運転手と女中が本当にその宝石を盗んだりして、事件は混沌としてくるが、ロビンが運転手と女中の悪事を発見したことから事件は解決しはじめ、ロビンが夫から誤解された手紙も実は夫の書いたものであると分かり、大嵐のあとで再び陽の光を仰ぐような終わりとなる。...

作品データ

原題 Wives and Other Wives
製作年 1918年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi