翼の輝き
ホーム > 作品情報 > 映画「翼の輝き」
メニュー

翼の輝き

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ホワード・ブランチャード中尉作の物語をエミリー・ジョンソン夫人が改作し、ジョン・B・クライマー氏が脚色し、「第四の戒律」「5万ドル大事件」等と同じくエモリー・ジョンソン氏が監督したもので、主役は「深夜の太陽」に出演したレイモンド・コーン氏と「独身者御発展」出演のバーバラ・ケント嬢が演じ、ナイジェル・バリー氏、ジャック・ペニック氏、ドナルド・スチュアート氏及びマーセル・デーリー嬢が助演している。

ストーリー

欧州大戦は近代の戦術に一大革命を与えたが飛行機の利用に於いて殊に然りであった。飛行機はもはや軍隊の目ではなくて飛行機自身が空の上で雌雄を決するようになった。英軍飛行隊にその人ありと知られたジャック・デミングは遂に敵機のために打ち落とされた。ちょうどその後任としてアメリカ陸軍飛行中尉ウィリアム・ホームズがその隊に編入され、花花しい空の初陣をすることになった。ジャック・デミングの許には彼の武功を慕うフランス乙女シエリーから贈り物が届いたが、それをそのホームズが継承することになった。たまたま最も難事とする敵陣撮影の命が飛行隊に下ったので、この世の名残にホームズはシエリーを訪ねたが彼をジャックと信じたシエリーは大いに喜んで歓迎し、2人はたちまち意気投合してしまった。さて空中戦に於いてホームズの親友レッド・マツギポンズはホームズを屁ううちに遂に犠牲となって、戦死した。その際レッドは敵の飛行隊司令官のフオン・ビユール大佐の弟を射落としたので、弟の復讐というのでフオン・ビユール大佐自ら空中の血戦を望んできた。が当のレッドは戦死してしまっているので、ホームズが親友の代わりにその挑戦に応じて空中で決戦することになった。それを動機として空中の大会戦が行われ、若武者ホームズ中尉は見事に敵将フオン・ビユールをしとめることが出来た。...

作品データ

原題 The Lone Eagle
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi