月の囁き
ホーム > 作品情報 > 映画「月の囁き」
メニュー

月の囁き

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ピクトリアル・レヴィウ誌に連載され次いで単行本に出版されたイーディス・ウォートン原作の小説を、E・ロイド・シェルドンが脚色し、「ロビン・フッド(1922)」を監督したアラン・ドワンがパラマウント入社後第1回作品として完成した社会劇で、「焼け爛れし翼」「世界の喝采」等主演のビービー・ダニエルス、「血と砂(1922)」等出演のニタ・ナルディ、「嵐は去れり」等出演のデイヴィッド・パウエル等が共演である。

ストーリー

金のないスージーは親類の家から家へ転々として暮らさねばならなかった。今はアースラ・ジロウという婦人の家に留まっているが、アース等は夫あるに係わらず浮気な女であってスージーを恋している貧乏小説家ニック・ランシングを想っていた。スージーとニックとはしかしついに結婚して、友人達から招待されるままにニース、モンテ・カルロ、ヴェニスと、嬉しい新婚旅行を続けていた。しかし金がなくなるとともにいとわしい社交界の空気は純な二人の心をさえ害なって、二人は醜い人達の犠牲となり、互いに誤解した結果、離婚しようとまでしたが、事件を引受けた弁護士の計らいによって、もとより心は愛し合っている事とて、2人の仲は再び昔にかえった。...

作品データ

原題 The Glimpses of the Moon
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi