通行の人々
ホーム > 作品情報 > 映画「通行の人々」
メニュー

通行の人々

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

J・スチュアート・ブラックトン氏監督で、「血の堡壘」に続いて製作された映画。ハッドン・チャムバース氏の有名な舞台劇の「通行の人々」をスタンレー・オルムステッド氏が脚色したもので、主役には「空中魔」その他ユ社映画で御馴染のハーバート・ローリンソン氏が扮して居る。スチュアート・ブラックトン氏令息チャールズ君が子役、その他の俳優に御馴染みは少ない。撮影が素晴らしく美しいそうである。

ストーリー

ハーレイ夫人は義理の弟ピーター・ウェイヴァートンにビートリス・デイントンという令嬢を結婚させようとしたが、ピーターは家庭教師のマーガレット・サマーズという女と恋仲であったのでこれを承諾しなかった。マーガレットは憐れにも妊娠せる身を夫人のため家を追われ、悲しみの極自殺をせんとまでしたが、親切な御者のナイティーに救われ、身2つとなった。彼女がピーターに送った手紙はすべて夫人の手に握り潰されたのでピーターは6年の間も別れた恋人を空しく尋ねていた。6年経った後ピーターは心進まぬながら遂にビートリスとの婚約に同意する。一夜ピーターはふとした出来心から、自分の家の窓下を通る人々を呼入れて御馳走する事にした。御者のピーターと、乞食のバーンズに続いて、雨と霧を避けてこの家に来たのは意外にも6年以前厭かぬ別れをしたマーガレットであった。彼女は健やかに成長した息子を連れて来た。絶えて久しく相逢うた親子3人は、初めて幸福を味わうことになる。深くピーターを愛していたビートリスは、彼等の麗しい仲を見て潔く我が恋を思い諦めたのであった。...

作品データ

原題 Passers By
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi