断想悲曲
ホーム > 作品情報 > 映画「断想悲曲」
メニュー

断想悲曲

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「感傷の秋」「僧房に咲く花」に次ぐジョージ・フィッツモーリス氏監督作品で、エドワード・チャイルズ・カーペンター氏作の物語をベンジャミン・グレイザー氏が脚色したもの。主演者は「感傷の秋」「鴛鴦の歌」等出演のビリー・ダヴ嬢と「椿姫(1927)」「僧房に咲く花」出演のギルバート・ローランド氏で、「ボー・サブルウ」「決死隊」等のノア・ビアリー氏を始め、アーマンド・カリス氏、エミール・ショータール氏、ボリス・カーロフ氏、レイモンド・ターナー氏等が助演している。

ストーリー

1808年合衆国は国法を以て奴隷の輸入を禁止したがルイジアナでは尚ほその密輸入が行われていた。奴隷密輸入者の巨魁は表面一商船の船長を装っているレミーであった。ルイジアナ州の首都ニューオルレアンスにヴィクター・ジャロットという青年がやってきた。彼は眉目秀麗な好男子でしかも非凡の技倆を持つ剣客であった。彼は不図もレミー船長の部下と争いを起し、その結果剣術指南所の所有権を獲得した。そのところは元来理髪師の店で剣術指南は副業になっているところだった。ジャロットはこの地に頼るべき家もないので兎に角その家に居を構えることになった。一日彼は美人の誉れ高いアントアネット・フローベルという娘と偶然知り合いとなり、2人は初対面のそもそもから胸の高鳴るを覚えた。かくて恋の花が咲き匂わんとする時、かねてアントアネットに懸想していたジャン・デリカドはジャロットを出入りの理髪師と云ったのを信じた彼女は、ジャロットに欺かされたと思い込んで衆人の前で彼を辱しめた。かかる間にレミー船長はルイ・フローベルが自分の財産管理人であり、アントアネットはその娘でなく、奴隷の娘のハーフであることを知り突然フローベルを訪れて己れが財産を要求した。それを拒絶されるやレミーは直ちにフローベルの所有物一切を競売に附し、アントアネットをも奴隷として競売品中に加えることになった。彼女の美を知る人々は争って彼女を得んとしたがついにジャロットの手に入った。彼は過日彼女から受けた恥辱を雪ぐのが目的だった。彼は冷然と彼女を解放したが、彼の心は寂しかった。始めてジャロットの男らしさと誠の愛とを知ったアントアネットは再び彼の許を訪れた。そして彼女がハーフの奴隷であるというのはレミーの虚言と判明し2人には愛と幸福の日が訪れて来たのである。...

作品データ

原題 The Love Mart
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi