人道の為に
ホーム > 作品情報 > 映画「人道の為に」
メニュー

人道の為に

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジェー・ジー・ホウクス氏原作、ウィリアム・S・ハート氏監督及主演の西部劇で、対手は「都の汚辱」と同じくシーナ・オウエン嬢である。

ストーリー

シカゴからここアリゾナのクロライドへ来た詐欺師のウェスレイ・プレンティスは、賭博場の持主ファーレイを手先にして数々の悪事を働いて居る。彼等は不正な手段によって町の周囲の土地を手に入れ、善良な町の人々から投資をさせた。少ない貯えを巻上げられた気の毒な人々の中に弟ボッビーと二人暮しのルス・フェロウスと云う娘があった。牧童頭のカーモディーは町へ来てファーレイの毒手に掛り、所持金全部を巻上げられ、止むなくプレンティスの申出を容れて町の役人に成って、詐欺師の手先きに使われる身と成る。プレンティスは彼に命じてルスの財産を差押えしめたが、娘は絶望の極彼を狙撃して肩に傷を負わせる。然し予てルスに同情して居るカーモディーは却って娘に愛と尊敬を感じるのであった。其後程なく、プレンティスは町を逃げ去った。彼の悪事を始めて知ったカーモディーは、シカゴに行ってプレンティスを捕え、クロライドの町へ連れ帰り、我が名誉を恢復して娘の愛を克ち得たのであった。...

作品データ

原題 Breed of Men
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi