男子怒れば
ホーム > 作品情報 > 映画「男子怒れば」
メニュー

男子怒れば

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

シカゴデイリー・ニュースが30000ドルの懸賞金で映画劇用脚本を募集した際、集まった32000通の中より選抜されて1等賞10000ドルを得たのがこの脚本である。原作者はウィニフレッド・キンボールという無名の婦人で、これをケイリー・ウィルソンが脚色し、「颶風の娘」等と同じくアレン・ホルバーが監督したもの。主役は「汝犯す勿れ」のコリーン・ムーア、「ゼンダ城の虜(1922)」出演のマルコム・マッグレガー、「乗合馬車」のアーネスト・トーレンス、「愛は奪う」「風雲のゼンダ城」のクレア・ウィンザーという、堂々たる役割である。

ストーリー

金満家に育ったピーター・ウィンダムは舞踏会の夜強盗が押し入ったとき卑怯な行いをして人々の物笑いの種となったが、彼の下男はホーテンスという美人のために強盗と闘って勇敢な最期を遂げた。自分の臆病に自ら愛想をつかしたピーターはアリゾナの農場へ姿を消した。彼は山の中の小屋に野獣のような男ブーンの憐れな妻マーシーを見い出だした。マーシーはブーンのあまりの残酷さに恐れてかつて逃走を計ったとき、夫に引き戻されてそれからは足を鎖につながれて悲しい日を送っているのであった。親切なピーターに彼女は生まれて初めて嬉しさを覚え、2人は次第に親しくなったが、彼女を救出しようとするピーターの企てはブーンの知るところとなって1日ピーターはブーンのため、惨めにも激しく殴打された。しかしピーターの内に眠っていた勇気は愛するマーシーのため初めて奮い立った。彼は背水の陣を布き死を賭してブーンと闘い、遂にブーンは谷間へ墜ちて死ぬ。ピーターとマーシーは幸福な新生涯に入る事ができた。...

作品データ

原題 Broken Chains
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「男子怒れば」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi