誰よりも素敵なジム
ホーム > 作品情報 > 映画「誰よりも素敵なジム」
メニュー

誰よりも素敵なジム

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フットボールに狂っている弟思いの若者の家庭内、学校内での悩みを描く青春映画。製作総指揮はドン・コスカレリとS・T・コスカレリ、製作は「ファンタズム」の監督ドン・コスカレリ。彼とクレイグ・ミッチェルの共同監督で、これはコスカレリのデビュー作。撮影はレックスフォード・メッツ、ドン・コスカレリ、クレイグ・ミッチェル、音楽はフレッド・マイロー、編集はJ・テリー・ウィリアムス、ドン・コスカレリ、クレイグ・ミッチェル、美術はフィル・バーバー、フィル・ニール、E・G・カルマン、ジェームズ・カッチが各々担当。出演はグレゴリー・ハリソン、ロビー・ウォルコット、ロリー・ガイ、マリア・ペンニントン、カレン・マクレインなど。

ストーリー

学生のジム(グレゴリー・ハリソン)は、いつも、フットボールと弟のケリー(ロビー・ウォルコット)のことしか考えていない。学校の成績は、あまり芳しくなく、女の子たちへの態度もどちらかというと自信がない。しかし、フットボールの花形選手ということで、女の子にはけっこうモテる。母親はとうに死に、酒ぐせの悪い乱暴者の父(ロリー・ガイ)と3人で暮らしている。乱暴者の父親はジムには何もしないが時々、ケリーを殴る。ある朝、ジムは、ケリーの泣き声で目をさます。また父親の仕業だ。父親がケリーをこれ程までに憎んでいるのには理由があった。ケリーは、彼の実の子供ではないのだ。つまりジムとは異父兄弟という関係に当たる。あまりにケリーにつらくあたる父親を、ジムは遂に追い出した。ある日、アルバイト先から家に帰ったジムは、浴室で血だらけになっているケリーを見つけた。そしてケリーは死んだ。父親が殺したことは明白だった。ジムは父親を探しあてると、彼を殴りのめした。ひとり公園に行ったジムは、そこでケリーと同じ年ごろの少年と仲よくなり共に遊ぶ。そして再会を約束して、その少年に別れを告げるのだった。...

作品データ

原題 Jim The World's Greatest
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 ぴあ提供

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi