ダイナマイト夫婦
ホーム > 作品情報 > 映画「ダイナマイト夫婦」
メニュー

ダイナマイト夫婦

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ベティ・マクドナルド作「卵と私」中の人物ケトル夫婦を主人公にしたシリーズの第1篇。パーシー・キルブライドとマージョリイ・メイン、リチャード・ロングらが「卵と私」と同じ役で出演する。レオナアド・ゴールドスタインの製作により、ハーバート・マアゴリス、ルー・モーハイム、アル・ルイスの協力脚本を「バクダッド」のチャールズ・ラモントが監督した1949年作品。撮影は「荒原の女」のモーリー・ガーツマン、音楽は「バクダッド」のミルトン・シュウォーツウォルドが担当し、上述以外の主な出演者は「泣き笑い人生」のメグ・ランーオル、「私はあなたのもの」のパトリシア・アルフィンら。

ストーリー

ケトル家は、はき溜めのようなあばら家なので町の鼻つまみであったが、折しも主人パア(パーシー・キルブライド)がタバコ会社に投票した標語が入選して、同家は新築の住宅を貰うことになった。ケトル家の長男トム(リチャード・ロング)は大学を卒業して家へ帰る車中、若い雑誌記者キム・パーカー(メグ・ランドール)と知合ったが、彼女はケトル家の新居を記事にしに来たのであった。さて超近代的な新居で一家総勢一七名はさまざまなしくじりを繰り返すが、かねてパアを心よからず思っていたバーディ・ヒックス夫人(E・デール)が、パアの標語はヒョウセツだとふれまわったので一家は家を追出されることになった。明け渡し時間は迫り、マア(マージョリー・メイン)は子供達を指揮して家に立てこもった。パアだけは新居が気に入らず旧宅に戻っていたが、そこでダイナマイトの爆発が起こりあばら家は吹き飛んでしまった。キム達の努力で標語はパアの独創だと判明した時、死んだと思ったパアがインディアンの一隊を引き連れマアの応援に馳せ付けて来た。トムとキムの結婚式の日、パアが飲料会社へ投書した標語が入選して、ニューヨーク旅行へ招待する電報が届いた。...

作品データ

原題 Ma and Pa Kettle
製作年 1949年
製作国 アメリカ
配給 セントラル

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi