大自然の寵児
ホーム > 作品情報 > 映画「大自然の寵児」
メニュー

大自然の寵児

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

シー・グレアム・ベイカー氏が書き卸した台本により「キャプテン・ブラッド」「深夜の警鐘」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督したもので、主役は「深夜の警鐘」「処女時代」等出演のカレン・ランディス氏と「深夜の警鐘」「馬車で風切る男」等出演のアリス・カルホーン嬢で、「男子凱旋」等出演のバートラム・グラスビー氏。「ジョーンズの大事件」等出演のオーティス・ハーランし等が助演している西部開拓時代の物語である。

ストーリー

カリフォルニアに向かう幌馬車の一隊が大平原のただ中でインディアンに襲撃された時に生き残ったのはロバート・デールの幼児ジャックのみで、彼は後から来た幌馬車隊のソルタース夫妻に救われて成長した。それから20年の歳月が流れた。ある日若者ジャックは狂奔する馬車を危ない所で止めて車中の人々を助けた。助けられたのはローズという乙女とその父及びフィリップスという男であった。ローズがジャックを恋するようになったのを嫉妬したフィリップはジャックの養母を殺して罪をジャックに被せた。ジャックは冤罪を証すべき証拠がなく親殺しの大罪人になろうとした。ローズとジャックの友アーロンは彼の無罪を証明し図らずもローズとジャックの父同士が親友だったことが判明しローズの父は託されていた財産をジャックに渡した。ローズとジャックの幸福。...

作品データ

原題 Pioneer Trails
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi