大学行進曲
ホーム > 作品情報 > 映画「大学行進曲」
メニュー

大学行進曲

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ヘクター・ターンブル氏の制作した映画で、「学窓の思い出」「恋の修羅城」等と同じくロッド・ラ・ロック氏の主演するものである。オーウェン・デイヴィス氏の舞台劇に基づき、ジョージ・ドロムゴールド氏が脚色を施し、「恋に身を焼く」「長恨悲歌」等と同じくエドワード・H・グリフィス氏が監督した。ラ・ロック氏の相手役は新進ジャネット・ロフ嬢で、弥次喜多物でお馴染みのトム・ケネディー氏、ヒュー・アラン氏、ジョセフ・カウソーン氏、ローレンス・グラント氏等が助演する。

ストーリー

若いアルゼンチン人ジォウム・コルテスはエール大学の試験をパスしたものの、彼はパリへ行きたかった。で、父は彼にエールとパリとのいずれかを選択する機会を与えることになった。ある日、山中で3人の悪漢が誰かを待ち伏せしているのを見、格闘の末、悪漢を追い払った。その時、山の持ち主と令嬢とが来合わせ、彼を悪漢と間違え宝石を出した。ジォウムは悪戯気を起こし、娘に接吻を許せば宝石を返すいうと、娘はそれを承諾した。2人の去った時、娘の落とした名刺にニュウ・ヘヴンのヘレン・ブラットバリーと書いてあったので早速彼はエール大学へ行くことに決めてしまった。ニュウ・ヘヴンの駅に着いてからのエール大学生達の悪戯は彼を種々と困らせた。探偵を打倒してしまったりして大騒動を引き起こした。ヘレンの兄オスカーはジォウムにヘレンのために、そしてエールのために何か大きな仕事をやれといった。彼は先ず新入学生のボクシングチームを作ったが、エール・ハーバート大学の試合の時ノック・アウトされてしまって、失望の末故郷へ帰ろうとした時ヘレンの父がとどまるように勧めてくれた。夏休みが来た。オスカーと一緒にアルゼンチンに帰ってカウボーイと荒野を走ることを習った彼は学校へかえって以来、フット・ボール選手のスターになってしまった。プリンストン大学との試合の前日ヘレンと会い翌夜彼女の返事を聞くことを約束した。彼が寄宿舎を去る時オスカーが怪しげな酒場で女の罠にかかっていることを知って彼を助けだしたが又彼が以前に打ちのめした探偵に追跡されて彼は傷ついた。意識を回復したのは翌日、大試合の日である。彼は負傷を堪えて、やっと試合の間際に競技場に駆けつけ、大奮闘の末、このフットボール競技をエールの勝利に帰せしめた。その夜、ジォウムの申し出に対するヘレンの答はイエスであった。...

作品データ

原題 Hold'em Yale!
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi