脱線あしか騒動
ホーム > 作品情報 > 映画「脱線あしか騒動」
メニュー

脱線あしか騒動

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ノーマン・トーカーがシナリオを書き、自ら演出したアシカを使った児童喜劇。撮影はゴードン・エイヴィル、音楽はオリヴァー・ウォーレスが担当した。製作はウォルト・ディズニー。出演はカリフォルニア動物園のアシカ・サミー、子役のビル・マミー、マイケル・マクグリービー、ほかにパトリシア・バリー、ロバート・カルプ、ジャック・カーソン、アン・ジリアンなど。

ストーリー

アーサー(マイケル・マクグリービー)とピーティー(ビル・マミー)の兄弟は海岸で怪我をしたアシカを介抱してやり、サミーという名をつけて両親に内緒で飼うことにした。それは容易なことではない。水浴をさせねばならないことを知った兄弟は女友達のロッキー(アン・ジリアン)家のプールを借りることにして早速実行、ロッキーの愛犬アンダスもサミーと仲よしになった。ある夜、兄弟の両親はロッキー家のパーティーに出かけたが、兄弟が作ったシャワー装置を父親が知らずに栓を閉じてしまったので、サミーはプールが恋しくなり、そっとぬけ出して行った。会場はパーティーがたけなわ。ところがサミーが暗いプールではしゃぎまわり、酔払った連中に悪戯をしたので、パーティーは大混乱。翌朝その事件を知った兄弟は、サミーの仕業と知り、ロッキーの父シルベスターの事務所にサミーを乳母車に隠して連れて謝まりにいった。ところが、シルベスターは兄弟の話よりも自分の話に夢中。サミーがそのすきに高価な熱帯魚を食べてしまったから大変、兄弟は何も話さずに逃げ帰った。スーパーマーケットに隠れたが、乳母車がひっくりかえりアシカが出てきたので大騒ぎ。おまけに買物に連れてこられた犬がサミーを追っかけはじめた。そのうえアンダスがサミーの救援に来たので大変な騒ぎになった。この動物たちの友情を新聞が大きく報道、町の役員のシルベスターがサミーを町の中心に飼い、毎日芸をさせて観光客を呼ぼうと言い出した。兄弟は大反対である。そしてサミーを海へ返してやるよう説得した。淋しく帰るサミーを雌のアシカが迎えている姿を見て、みんな喜んだ。...

作品データ

原題 Samy, The Way-Out Seal
製作年 1962年
製作国 アメリカ
配給 ウォルト・ディズニーKK

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「脱線あしか騒動」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi