単騎突進(1932)
ホーム > 作品情報 > 映画「単騎突進(1932)」
メニュー

単騎突進(1932)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「西部の荒武者」「爆弾ジョーンズ」と同じくランバート・ヒルヤーが監督したバック・ジョーンズ主演映画で、リナ・バスケット、ラッセル・シンプソン、ウォーレス・マクドナルド等が助演する。撮影はベンジャミン・H・クラインの担当。

ストーリー

テキサスの監視役人ジェフ・ダグラスは辞職して叔父の牧場へ来る。叔父と隣の牧場主は3年来の不仲で、土地斡旋人グレッグは仲裁役に乗り出し、叔父の土地を買収しようと行った。叔父は承知しない。すると数日後彼は自殺した。しかし他殺の疑いが充分あった。ジェフは探査を始めて、グレッグが安く買い占めて莫大な利益を食らうとしていた事を知り、グレッグのスパイ、レタングの白状でグレッグが叔父を殺した事が明るみにでた。...

作品データ

原題 Hello Trouble
製作年 1932年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi