単騎突進(1923)
ホーム > 作品情報 > 映画「単騎突進(1923)」
メニュー

単騎突進(1923)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハワード・ホークス氏の提供した作品で氏が原作を書き、ユ社に長くいたジャック・コンウェイ氏が監督したもの。主役は「女房征服」のヘレン・チャドウィック嬢「十誡(1923)」「最後の一人迄(1923)」のリチャード・ディックス氏で、ノアー・ビアリー氏、アラン・ヘール氏等が主要の役を演じ、その他10名近い有名な人々が共演している。

ストーリー

メキシコの国境に近い地点の駐屯地ディー中隊の中隊長ウィリアム・ロイド中尉は司令官の命を帯び、メキシコ領内のカンディナカフェーを本拠として国境を荒らす密輸入園の捜査に向かった時、日頃愛していたマリオンが団中に交わっているのを見て落胆し、恋しい女を重罪人として扱わねばならぬ辛い専職を止めようと決心して司令部に帰ると、実はマリオンは父のファーレルと共に秘密監視の密偵として重要な職務に就いているのだと知る。中尉はマリオンが悪漢に捕らえられたのを聞いて、24時間の賜暇を乞うて単身危険な巣窟に向かい、悪漢相手に大拳闘を演じたが捕らえられて危うい折、ディー中隊の救援によって無事に虎口を逃れ悪漢を掃する。司令官の放蕩児マットも積みの境遇から改悛させて温かい父の手許に帰らせる。...

作品データ

原題 Quicksands
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi