大洋の果て
ホーム > 作品情報 > 映画「大洋の果て」
メニュー

大洋の果て

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ルイス・トレイシー氏原作。ゴードン・エドワーズ氏監督の人情活劇で、ウィリアム・ファーナム氏と、ルイズ・ラヴリー嬢の共演である。その他悪役のハーシェル・メイオール氏や、「サロメ(1918)」「虹の山道」等出演のジェネヴィーヴィ・ブリン嬢が出演している。「手袋」のようにファーナム氏に適合した劇筋で、演出も良く、撮影も鮮麗である」とはニュース誌の評。

ストーリー

シンガポール駐屯の英軍守備隊付ロバート・アントルーザー大尉は、ヴェントナー卿と隊長コスタブル大佐の妻との醜関係を止めようと努力したが、却って2人に計られて免職される。彼は名を変えてアーサー・ディーン卿の船に、船員として乗り組むこととなったが、船が恐ろしい嵐にあって難破した時、彼はディーン卿の娘アイリスを救助して、2人はある孤島に漂着する。彼等は力をあわせて海賊の襲撃を却け、救の船が来るまでその島で暮らした。救の船には彼等の行衛を捜索していたディーン卿や、彼女の求婚者のヴェントナーが乗っていた。彼女がロバートとの婚約を父に話した時、ヴェントナーは怒った。コスタブル夫人はヴェントナーの恋心を憤って夫の大佐にロバートの無罪を証した。そしてついにロバートには最後の勝利が来たのである。...

作品データ

原題 Wing of the Morning
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi