ターザンの憤激
ホーム > 作品情報 > 映画「ターザンの憤激」
メニュー

ターザンの憤激

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ソル・レッサー「ターザン魔法の泉」製作、レックス・バーカー(「ターザン魔法の泉」)主演の1952年作ターザン映画。「烙印」のシリル・ヒューム、「オペラの怪人」のハンス・ジャコビー、及びシャーリー・ホワイトの3人が合作した脚本を作家出身のシリル・エンドフィールドが監督した。撮影は「ライムライト」のカール・ストラッス、音楽は「平原の勇者」のポール・ソーテル。バーカー以下の出演者は「裸の町」ノドロシー・ハート、「わが谷は緑なりき」のパトリック・ノウルズ、「嵐を呼ぶ太鼓」のチャールズ・コーヴィン、トミー・カールトンなどである。

ストーリー

ターザン(レックス・バーカー)は原住民集落で白人の少年を見い出して自分のすみ家に連れ帰った。少年ジョーイは伝道師だった両親がライオンに食い殺されて1人ぼっちだった。ある日、2人の白人に率いられた探検隊が訪れ、エドワードと名乗る1人は自分こそターザンの従姉妹だと言ってターザンの父の日記を見せた。彼らは未開部族のワズリ族がもつダイアモンドが目当てで、ターザンに案内を頼んだ。最初は断ったターザンもジェーン(ドロシー・ハート)の勧めで引き受けた。一行は途中さまざまの苦労をしながら目的地に向かって歩みを進めたが、もう少しのところで獰猛なカンニバル族に襲われ、ターザンの必死の防戦も奏功せず、いよいよ危うくなった。その時ターザンの父を慕うワズリ族が一行を救ってくれた。エドワーズは到着するとすぐ熱病に冒され、ウワ言に”従弟ではない”と言い出した。仲間のロコヴは悪事の発覚を恐れてエドワードをライオンのすむ谷間に落とし、ターザンには誤って落ちたと告げて救出に赴くターザンを崖から射ち落とした。ロコヴは原住民を欺いてダイアモンドをもって逃走し、ただ1人残ったジェーンは原住民の怒りの目標となって処刑されることになった。崖下に気絶していたターザンはジョーイとチータに救われ、ロコヴを捕らえて倒し、処刑寸前のジェーンを救うことができた。...

作品データ

原題 Tarzan's Savage Fury
製作年 1952年
製作国 アメリカ
配給 RKOラジオ映画会社
上映時間 81分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi