ゾロの復讐
ホーム > 作品情報 > 映画「ゾロの復讐」
メニュー

ゾロの復讐

劇場公開日

解説

黒衣黒覆面の快傑ゾロを主人公とする作品。ゾロに扮するのは「快傑ゾロ(1958)」に次いでのガイ・ウィリアムス。ジョンストン・マッカリーの原作に基づいてローウェル・S・ホウリーとボブ・ウェリングがシナリオを書き、監督はチャールズ・T・バートン。撮影を「快傑ゾロ(1958)」のゴードン・エイヴィルが担当している。音楽はウィリアム・ラヴァ。他に出演するのは、ヘンリー・カルヴィン、ジーン・シェルダンら。製作ウィリアム・H・アンダーソン。

ストーリー

カリフォルニアがスペイン領だった頃。大地主ドン・アレファンドロの息子ディエゴ(ガイ・ウィリアムス)は、黒衣黒覆面の快傑ゾロに扮して、人知れず正義の士として働いていた。その頃、カリフォルニアは、イーグル団とよばれる凶悪な陰謀団一味によって荒らされていた。アレファンドロはこれに対抗するため自警団を作り、総監府の許可を受けるためモントリオールに向かった。その間に、首領イーグルは自から新任の司政官ホセ・セバスチャンを名のってやってきた。彼は警備司令ガルシァ軍曹(ヘンリー・カルヴィン)をおどして、アレファンドロの屋敷を官邸として接収した。ディエゴは立腹したが、忠実で口の不自由な従者ベルナンドとともに、秘かに様子を見ることにした。司政官の部屋にしのびこんだディエゴは、どうやら彼がイーグル団の首領らしいことを知った。やがてディエゴは、一味が自警団50人の名簿を手に入れようとするのを妨害し、一味がカリフォルニアを手中におさめ、外国に売り渡すことを計画しているのを調べあげた。ディエゴはいろいろイーグルを脅迫した。だが一味は配下を集めて再び城内に攻め入り、イーグルの旗印をかかげて町を占領した。町に帰ったアレファンドロと、ディエゴ主従は、ガルシア軍曹とともに監禁されてしまった。自警団の名簿を渡すと偽って部屋を出たディエゴは、ゾロとなって剣をふるい、イーグル一味を散々に痛めつけた。1人逃げようとしたイーグルは部下に撃たれて死に、カリフォルニアには平和がよみがえった。...

作品データ

原題 Zorro, The Avenger
製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 日本RKO

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ゾロの復讐
ゾロの復讐
2016年11月5日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi