草原の野獣
ホーム > 作品情報 > 映画「草原の野獣」
メニュー

草原の野獣

劇場公開日

解説

「拳銃を撃つな」のフィル・カールソン監督がフランク・S・ニュージェントのシナリオを得て作りあげた西部劇。リック・ハードマンの原作による、大牧場主と、その息子の対立を中心にした悲劇的結末をもった物語で、「決断の3時10分」のヴァン・ヘフリンと「果てしなき決斗」のタブ・ハンターが父子に扮して顔を合わせている。撮影は「夜鷹のジョニー」のチャールズ・ロートン・ジュニア。音楽はジョージ・ダニング。タブ・ハンターが主題歌を1曲歌っている。他の出演者はキャスリン・グラント、ジェームズ・ダーレン等。製作フレッド・コールマー。

ストーリー

ワイオミング平原の大牧場主リー・ハッケット(ヴァン・ヘフリン)には2人の息子があった。反抗的で乱暴なエド(タブ・ハンター)と、臆病な、気の弱いダーヴェイ(ジェームズ・ダーレン)の兄弟である。父親は2人を自分が理想とする勇敢な男に仕立上げようとしていたが、エドのみが彼の理想に近い男だった。父は家畜集めと、シャイアンにこれを追って移動するため、3人の男を傭った。その中の1人ポール・チュオード(B・コンヴィ)には美しい妹クリー(K・グランド)がいた。兄のエドが彼女に云い寄ったが、彼女は大人しい弟のダーヴェイに心をひかれたようだった。家畜集めが始まりポールは家畜管理人としての手腕を見せてよく働いた。エドにはこれが気に入らなかった。野性の雌馬にロープをかけて捕まえることを競走したとき、エドはポールを崖から墜落させて殺した。しかしポールの死の真相を近くから他の2人の傭われた男たちが目撃していた。エドや父の一行がジャクソン・シティについた時彼らはポール殺害犯としてエドを告発した。この時、エドとその父に取り入ろうとして、馬商人のジェンセンが、ポールの事故死の現場を見たと証言したので、エドは釈放された。しかし後に証言の報酬を求めたことから、エドはジェンセンに重傷を負わせ、またシェリフといざこざを起こして牢に入れられた。父親の陰にまわっての釈放工作も意にとめず、エドは脱獄して追われる身となった。父親のリーは、シェリフより先に捕まえて、何とか彼を救おうとしたが、エドはこれをはねつけた。追いつめられた息子が、もう逃れようのないことを知ったリーは、我が子と銃をもって対決し、彼を倒した。父のミサの言葉を聞きながら、エドは死んだ。リーは、ダーヴィとクリーにこのことを告げるために、1人歩みを町の方に向けた。...

作品データ

原題 Gunman's Walk
製作年 1958年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 現代でも通用するほどの脚本 総合70点 ( ストーリー:80点|キャスト:70点|演出:65点|ビジュアル:70点|音楽:65点 ) 西部劇といえば、町を牛耳る悪の牧場主がいて、主人公がそれと対決するというのが定番。だがこ... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2015年4月3日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi