善人の群
ホーム > 作品情報 > 映画「善人の群」
メニュー

善人の群

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「妙な世の中」等同様ヴァイオラ・ダナ嬢主演のメトロ映画でフランク・R・アダムス氏の原作を「ゼンダ城の虜(1922)」同様メアリー・オハラ女史が脚色し、ベイヤード・ヴェイラー氏が監督した。相手役は最近「ユーモレスク(1920)」で名声と特に揚がったガストン・グラス氏である。

ストーリー

ローザ・モーアランドは或る秘密探偵局の1員となって阿片輸入者の検挙に努めたが第1回は失敗に終わった。成功を期して第2回の探偵に赴いた彼女は密輸入者の1員なる若者を通じて巨魁に就いての証拠を握ろうとしたが、悪人と知りながら彼女は其若者と恋に落ちてしまった。彼女は恋人の罪を証明するに忍びず探偵局長に失敗を報じて若者と結婚した為職を解雇された。しかし其若者は実は他の探偵局から廻った探偵の1員であった。彼女はたまらない幸福な身の上なのである事を知った。...

作品データ

原題 There are No Villanins
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi