戦慄の調べ
ホーム > 作品情報 > 映画「戦慄の調べ」
メニュー

戦慄の調べ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「謎の下宿人」に次いで、ロバート・バスラーが製作、ジョン・ブラームが監督した1945年度作品で、「ロープ」の原作者パトリック・ハミルトンの小説より、「謎の下宿人」のバリー・リンドンが脚色、「小間使(1946)」のジョゼフ・ラシエルが撮影、「アンナとシャム王」のバーナード・ハーマンが音楽に当たっている。主演は「謎の下宿人」と同じく故レアード・クレガーとジョージ・サンダースと「西部の王者」のリンダ・ダーネルで、「呪われた城」のグレン・ランガン、フェイ・マーロウ、アラン・ネイピア、フレデリック・ワーロックが助演している。

ストーリー

有為な青年作曲家ボーンは劇しい不協和音を聞くと凶暴な発作を起こす異常神経者だった。彼はその発作中に殺人を犯したが、本人はもちろん、当局にも判らない有様だった。彼は愛人のバーバラのすすめるままに警視庁の心理学者ミドルトン博士の診断をうけるが、事件に無関係と言われて、気をまぎらすため酒場に出かけ歌手のネッダと知り合い歌をつくってやった。この歌が好評で人気の出たネッダは、さらに新しい歌をつくるように色仕かけで頼んだ。ボーンはバーバラの父が指揮をして初演する予定のピアノの協奏曲の作曲を中止して歌に熱中する。しかし、ネッダの本心が自分になく、金持ちの興行師カースティアスと結婚すると聞かされ失意に陥ったとき、発作が起こりネッダを殺害して、自作の協奏曲の演奏会場に出かけた。ボーンの好意に疑惑をもちはじめていたミドルトン博士はネッダ殺人事件の犯人がボーンであることを推定し、演奏会場に逮捕にゆく。狂気のボーンは刑事と争い、火を発した会場でピアノを弾きつづけながら焼死した。...

キャスト

作品データ

原題 Hangover Square
製作年 1945年
製作国 アメリカ
配給 セントラル

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi